読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える機械

一喜一憂してる時点で雑魚

受ける

メタグロス ラッキー ナマコブシ グライオン カプ・ブルル 炎霊ガラガラ

受けルが強いとか言われてたので考えてみた
ゲンガーを恐ろしいほど見ないのでゲンガー対策枠を切ったほうが強いPTになると思った
通常の受けルはテテフ等に軽く崩されるので対面性能が高く繰り出しもできるメタグロスを入れて、崩しを狙う相手を後手に回してサイクルにつき合わせたかった
受けループなので特殊受けとしてラッキーを採用、次に物理受けの採用を考えるわけだが、メガヤドランは物理あt筆頭であるミミッキュに有利を取れないこと、メガ枠を消費してしまうこと、メガヤドランの数値が必要な素の火力の高い物理が少ないことから、積み技にも強くなれるナマコブシを採用
ギルガルドや物理電気で詰む為グライオンを採用、状態異常耐性、電気無効、毒の時間稼ぎなど何かと便利でラッキー+グライオンの相性の良さがわかった 天然ナマコブシを後ろにおくことで、積み技に怯えることなく守を推せる点は強かった
次にキノガッサギャラドス対策でカプ・ブルルを採用したが弱点が多すぎて真っ先に崩されることが多かった z空を飛ぶはでんj あまり考えていない枠で、バナやバレルでも良いと思う ナマコブシの水浸し→草タイプ引きは強かった
最後にカミツルギバシャーモレボルトやギミック系への対策として滅び持ちのガラガラを採用 選出回数は0

2000付近で回してみたところ、ラッキーは優秀なのだがそれに比べてナマコブシ等の物理受けの数値が低かったり不意のz技による役割破壊を受けるなどで崩されやすく、
またルカリオが非常に重かったのでやはりメガヤドランが欲しいと思った

受けル対策をすり抜けるようなポケモンを採用していて構築相性が良くて勝てるということはあったが、完成度の高い受けルを組んで上手に回すのは今世代においても困難だと思った