読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える機械

一喜一憂してる時点で雑魚

リザドゥン

リザードン(ガモスも)がかなり動きにくく、鋼がらみの崩しをこれに一任してるとステロでハイハイ 死ねばいいんでしょ 死にます 死にます 死ねばいーんでしょ はい、ピー~~~~ッ!!心肺停止!で結果見せぽけと化す

これを利用しステロが腐る選出をベースにして実質3対2で戦うとかはいいかもしれない

ステルスロックウルガモスマルスカイリューが台頭する前は元々3対3では弱い技という認識がされていた記憶がある 今もとりあえず撒いておけばいいという技ではない

初手ミミッキュ

知ってのとおりミミッキュは使用率最上位クラスのポケモンでありその中でも剣舞z型のミミッキュが最も多いが、これを初手に出されることはあまり多くない

理由としては
・序盤は相手がミミッキュの処理ルートを多く持っていると考えられる
・Z技を裏で受け流されるのがdisアドとなるため、序盤から撃つより残数を減らしてからZを撃つ方が強い
・削れた相手を死に出しから化けの皮を残しつつ落とす動きが、剣舞との択を迫ることもでき強い

など

ランドロスなどの威嚇持ちがいた場合初手に来る確率はさらに下がる


逆に呪いや鬼火持ちのミミッキュは比較的初手に来やすい


ポケモン対戦は常に確率の押しつけあいだが、何何されやすいされにくいといった相手プレイヤー依存な情報であろうが十分この確率の中に含まれるし、確率ゲーで有利になるには相手のとってくる行動の傾向を把握しておくことが不可欠

とうぜん、相手のどんな選出、行動にも対応できる構築選出立ち回りができればそれに越した事はないが、毎回そうするのは非常に難しい

ゴミツルギ

性能は非常にすこれるのだが、使用者が増えたせいなのかカグヤが体感増えてたりめざ炎で焼かれることが多くそろそろPTの中心に置くのは厳しい気がしている

めざ炎ハッサムの話を見た時はさすがに笑った

ゴールから構築を考える

シングルバトルで勝負に勝つ瞬間は

1、主に相手のポケモンを落としたり瞑想などの積み技を使用することでこちらのポケモン1体を突破不能な状況に追い込む(俗に詰ませと呼ばれる行為)

 ※これは並び単位で相手が崩しきれない場合でもよき 

2、こちらのポケモン1体の攻撃を通す。周囲の削りやs操作により受けられない状況を作る

3、1:1を取り合ったり数的有利をとって2対1に追い込んだりして、ラストに有利対面を作る

およそこの3つであり、こういったビジョンがないPTは強いといえない

もちろん初手のミミッキュ…にxxムーブが強い!!などから考え始めるのもありだが、それが必ずしも勝ちに結びつくわけではない

中盤→終盤レート

この時期上目指すのは無駄に神経すり減るしパーティバレが時間とともに広まったりするから下のレートで遊んでいたいけど上位環境わからないと終盤勝てない問題

まあこの時期上位行く実力ないだけなんだけど^^;

とはいえ放送とかTwitterとかである程度情報収集できないこともないし今のところはこれでいい

2000後半とかで放送してる人が結構いて本当ありがたい

からげんきガルーラ

ガルーラ 陽気as
からげんき グロウパンチ シャドークロー

汎用性を捨て、vsミミッキュ、受け回し構築を意識したメタ寄りガルーラ

ガルミミッキュ対面は素グロウから入る
zじゃれはメガ進化前でも確定耐え

鬼火を打たれたら素からげんき
無振りミミッキュに対して174以上入る
鬼火以外ならメガシャドークローで倒す

シャドークローの次に高打点を取れる技が地震でありこちらのほうが汎用性は断然上なのだが、+1メガ地震では無振りミミッキュすら低乱数であるため、しかたなく採用
アイアンテールは流石になし

グロウからげんきにより、ヤドランやドヒドイデの熱湯火傷に対しても耐性がつく

最後の技候補
岩雪崩→対受け回し性能の向上
炎のパンチ、地震→対鋼
不意打ち→からげんきの火力の補強 グロウ不意
冷凍パンチ→対地面とボーマンダ
捨て身タックル→メイン技
岩石封じ、地ならし→起点回避、後続サポート

いまのガルーラに主軸に置くほどのスペックがなく、こういう型の方が活躍できると思っている

ガルウルガミミッキュスタンダード

ガルーラ@ガルーラナイト

捨て身雪崩冷パン愚弄

ウルガモスこだわりスカーフ

オバヒ炎舞めざ氷トンボ

ミミッキュ@フェアリーz

じゃれクロ影剣舞

きのがっさ

らんどろす

かぷ・れひれ

 

こういうpt組むとガルの選出が多くなるけどガルにパーティの主軸に置くほどの強さがないし、こういうptは卒業したほうがいいな

スカガモスは強い ミミッキュにトンボしたりグロスツルギ破ったパルなどを殺すことができる