読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える機械

一喜一憂してる時点で雑魚

ぺルシ+リザY草案2

ぺルシアン@悪z
リザy
ミミッキュ@霊z
呪いまもみが
カプ・テテフ@スカーフ
精神強念ショック月亮之力シャドボ
カミツルギ@襷
リフブレ聖剣サイコカッター剣舞
霊獣ランドロス@チョッキ
地震岩石蜻蛉うちおとす

選出
ぺルシ+リザ+テテフorツルギorランド 選出順はこの限りでない
ミミッキュ+テテフ+カミツルギ

初手呪いミミッキュ奴 低レートなので使ったことも使われたこともほとんどなく強さがよくわからないでいる^^;
それでも、1に比べて勝ち筋が見えやすく強い構築だと思っている
剣舞カミツルギ、実は受けルにめちゃ強かったりする‍?

ぺルシ+リザY草案1

ぺルシアン@黒いメガネ
イカサマ蜻蛉捨て台詞挑発
リザードン@Y
オバヒ放射ソラビエアスラ
カプ・テテフ@超z
ショック気合玉瞑想身代わり
ミミッキュ@妖z
じゃれクロ影剣舞
ランドロス@チョッキ
地震岩石蜻蛉うちおとす
カミツルギ@襷
リフブレ聖剣サイコカッター剣舞

有名なzテテフ+zミミッキュ
テテフ+カミツルギにより、よくいるキノガッサを完封しつつ強いサイコカッターが撃てる 鋼を引きずり出してリザYで崩す
チョッキランドの叩きだった枠って何がいいんですかね

アローラぺルシアン+メガリザードンY

※実戦で回していない全くの机上論

ぺルシアン@悪z or 黒いメガネ ファーコート
143-80-112--85-181
(最速ルカリオ抜き、Bぶっぱ残りH)
イカサマ 蜻蛉返り 捨て台詞 挑発

リザードン@リザードナイトY
臆病csぶっぱ
オーバーヒート 火炎放射 ソーラービーム 自由枠
(エアスラ 鬼火 めざ氷 気合玉など 上二つは対ミミッキュで力を発揮でき、優先度高め)


某荒らし生主がぺルシアンが強いとか抜かしてたので相性のよさそうなポケモンを探した結果、フェアリー鋼虫格闘等に対して捨て台詞から低負担で繰り出し、有利対面から場を制圧することが出来るリザYを発掘した。

リザYの苦手な物理方面に対してはファーコートぺルシアンが強く出られる。ぺルシアンの物理耐久は実数値にして143-224、H厚めに振ったパルシェンと同等かそれ以上となる。ぺルシアンには一致イカサマがあるため、オバヒを撃った後物理に起点にされた時に切りかえす一つの手段にもなれる。

主に初手にぺルシアンを置いてリザYを繰り出していく立ち回りを想定しているためリザYの消耗が必至である。だが悪Z捨て台詞であれば、消耗したリザYを全快しつつ低負担で最降臨できる。ただぺルシアンの繰り出し性能はあまり高くないので何度も捨て台詞を撃てるかどうかは怪しくZイカサマの火力もgmなので、結果zが腐ってしまうことが考えられる。そこで持ち物を黒いメガネとすれば、Zを他に渡せるだけでなく、メタグロスやガルガブ等に対するイカサマの確定数がズレてくるためこちらも十分選択肢となりうる。まだ考えていないが、スカーフ、鉢巻も候補に上がる。ここに関しては周りと要相談といったところ。

初手ミミッキュに対しては、蜻蛉返りからの晴れ放射orオバヒによる処理を想定しているが、相手依存となってしまっている点がネック。初手カプ・テテフに対しては、スカーフムンフォで即3:2となるのを避けたいため素でリザに引く動きを想定しているが、魂超技や電気技、ムンフォcダウンなどが障害となるため、これに関しては別の処理ルートをとった方が賢明であろう。

構築のベースとしては、ぺルシアン+リザY+電気無効枠+対ガッサ+Mimikyu+1 と言ったものを考えている。

ぺルシアン+リザYでは、コケコを筆頭に電気タイプに勝てないため、電気無効枠は必須である。岩耐性もあるとなお良い。またキノガッサに対して無条件に1匹差し出してしまうのはつらいので、ガッサに限らず催眠に強く出られるポケモンは欲しい。ミミッキュは、単純にいないと不安だというのと、困った時に適当に出せるというのが採用理由。これは感覚としては六世代のガルーラに近い。

そんな感じでパーティの面子を机上で色々とこねくり回している。ほぼ初めてリザ入りを考えた感想としては、細かく説明すると長くなるので省略するが、リザYであることがバレバレでない、且つ整った構築にするのが難しいと感じた。今の環境においてリザードンが強いポケモンであることは間違いないと思うので、数少ないブログの記事や放送等で今世代でのリザ入りの構築を見て組み方のノウハウを取り入れて行きたい。

受ける

メタグロス ラッキー ナマコブシ グライオン カプ・ブルル 炎霊ガラガラ

受けルが強いとか言われてたので考えてみた
ゲンガーを恐ろしいほど見ないのでゲンガー対策枠を切ったほうが強いPTになると思った
通常の受けルはテテフ等に軽く崩されるので対面性能が高く繰り出しもできるメタグロスを入れて、崩しを狙う相手を後手に回してサイクルにつき合わせたかった
受けループなので特殊受けとしてラッキーを採用、次に物理受けの採用を考えるわけだが、メガヤドランは物理あt筆頭であるミミッキュに有利を取れないこと、メガ枠を消費してしまうこと、メガヤドランの数値が必要な素の火力の高い物理が少ないことから、積み技にも強くなれるナマコブシを採用
ギルガルドや物理電気で詰む為グライオンを採用、状態異常耐性、電気無効、毒の時間稼ぎなど何かと便利でラッキー+グライオンの相性の良さがわかった 天然ナマコブシを後ろにおくことで、積み技に怯えることなく守を推せる点は強かった
次にキノガッサギャラドス対策でカプ・ブルルを採用したが弱点が多すぎて真っ先に崩されることが多かった z空を飛ぶはでんj あまり考えていない枠で、バナやバレルでも良いと思う ナマコブシの水浸し→草タイプ引きは強かった
最後にカミツルギバシャーモレボルトやギミック系への対策として滅び持ちのガラガラを採用 選出回数は0

2000付近で回してみたところ、ラッキーは優秀なのだがそれに比べてナマコブシ等の物理受けの数値が低かったり不意のz技による役割破壊を受けるなどで崩されやすく、
またルカリオが非常に重かったのでやはりメガヤドランが欲しいと思った

受けル対策をすり抜けるようなポケモンを採用していて構築相性が良くて勝てるということはあったが、完成度の高い受けルを組んで上手に回すのは今世代においても困難だと思った